探していた人が目の前にいる

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSC_1335.JPG探していた人が私の目の前にいる。

彼の生まれた家の裏手の神社に 鋭い眼光で、 俺の前に来るのが遅かったぞと言われているようだ、祖母・父親・伯父から聴いていた人が、今私の目の前にいる。

時は明治大正昭和と活躍したこと、何も知ってはいない。

この町の人からお借りした一冊の本、藤山愛一郎しが書き上げたその本を読めば きっと声が聞こえてくるだろう。

力強い声が おい おい 博くんと・・・ 

その人の名は伊吹雷太。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 探していた人が目の前にいる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ibuki-transport.com/blogpg/mt-tb.cgi/182

コメントする

このブログ記事について

このページは、伊吹が2016年12月 7日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日田往還」です。

次のブログ記事は「久しぶりに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。