2016年3月アーカイブ

DSC_0680.JPGDSC_0681.JPGDSC_0665.JPG のどかな宝満川の辺で高齢者集団検診が行われました。

今回の検診を受け何も異常がなかったら良いのにと思いつつ川べりを散策していたら土筆を見つけました。


検診バス 
先日 筑紫野市の集団検診を受けた、これは実をいうと高齢者の集団検診、検診バスに乗り込んで検診服に着替え真っ白なバリュウムを一気飲み思わず不味いと言葉か出そうになった。
やがて私の番なり検診台に乗り体を右回りに一回二回回転させたと思えば今度は上下が逆に頭が下になり足が上になるように寝台が動く、掴みバーの手を逆にしてシッカリ掴んでください、ハーイ息を吸ってハーイそのまま止めてください・・今度は右向きなってください・・・次は左向きに・・・ハーイ息は吸っていていいですょ 止めるときは言いますから・・・・・・・ あぁーしんど

そうだ宣伝をしょう。 
   株式会社 IBUKI は 集団検診バスへエックス線透視台・マンモグラフィー・胸部のエックス線撮影装置をバスに組み込む作業をしています。
従って今回私が検診を受けた検診バスは   株式会社 I B U K I    が据え付けいたしました。

菜の花私は ああでもない こうでもない  あぁ ? あぁ ?  何か別の考えた方が  方法があるんじゃないか  悩みすぎる、    

もしかしたら それは普段から固定観念が強すぎるからかなぁ。

周りを見れば 何事も瞬時に判断を下し さっさと行動しているように見え、ハァ凄いなぁと感心してしまうことが多々ある

この繰り返しで 人生六十七年も過ぎてしまった、

早いなぁもう六十七年か・・・・           

私の遠い親類の叔母が百七歳で現役で幼稚園の園長で頑張っている、 叔母から見れば私はまだまだ若造でしかない、 そう考えれば少しは楽になる、 そうだそうだ 何も焦ることはない、私にはまだまだ沢山な時間やチャンスもある、だったら焦ることなくいっぱい悩んで悩んで事を進めればいい、 今度長崎に行ったら元気な叔母を訪ねよう。





  
イヌノフグリ 
人生というものは
 
十人の人がいれば十とおりある

百人いれば 百とおり 
         
       千人いれば 千とおり

一万人いれば 一万とおり、
       
     十万人いれば 十万とおり、 

こんなことは誰でも判りきったこと、

でも 今の世間はどうなんだろう、

本当にわかっている人はいるんだろうか

ヨイ ドンで いっせい走り出す、  さあ 誰が早い 誰それは遅い。  あぁ ! 誰は遅れた、

ゴールラインを通過すれば 貴方は一番、 貴方は二番、 貴方は三番、 貴方は四番、

早ければ良いというものでもない 遅ければ悪いというものでもない、

だったら どうすればいいんだろう、 

この花は野山の道にそこいらの草の中にも咲いている  誰もにも気づかれず踏まれている⒌ミリ程の花は牧野富太郎植物学者が名付けた イヌノフグリと云う花です、

もしかしたら 一人の人生も野辺に咲くイヌノフグリと変わらないのかも知れない

人生なんて 人生なんて  だれがいいのか 悪いのか 判りはしない

でも 私は自分に正直な時を過ごしたいだけ 自分に正直に生きたいだけ。

 

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。