2012年10月アーカイブ

厚き思い

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSC_0140.JPGいつの間にか緑の木の葉が色づいている、  手に取ってみると赤色のグラディションがなんと美しいことか、自然の色に驚かされる、自然の美しさは人の目にさらされなくても、悠然とした美しさを繰り返している、

 

永田町が毅然とした祭りごとをしないからと石原都知事が厚き思いを語った、

水は高い処から低い処へ流れていくが、今の日本はどうだろうか、もしかしたら高い処から低い処へ流れてはいないのかもしれない、流れる音だけが聞こえているような気がするだけなのか、誰かが厚き思いに直ぐ答えるのかと思いきゃ、警戒心が先に出て厚き思いを語りそうにもない、わが身可愛さに聞く耳もたず、

大阪維新の会の時は、幾人かの国会議員が手を挙げ、すり寄って国会議員団を作ったが、 百選練磨の石原さんは現議員にしてみれば二枚も三枚うあて、何処かの大物議員から招集が掛かれば、いつの間にか右へ倣いで厚かましい顔が笑顔を浮かべ徒党の列に加わるのか、

私利私欲と党利党欲はもしかしたら同じ語源であったのかと思わされるような振る舞い人が永田町に、今の日本人気質になってしまったのかも知れない、  

厚き思いに どことなく嬉しさを覚える。

山の木々は負けじと美しさを競っている、  木々美しさは一枚 一枚の葉の艶やかさでなっている。

久住高原にて久しぶりの久住高原、

ススキが風に揺られている、

右へ 左へ 私に迫ってくるようだ、

ススキが光っている、

キラキラと 稲穂に負けじと光っている、

 

今の日本はどうしたことか、隣国より国土を我がもの顔で占拠されようとしている、 いや占拠されている、 国はただ冷静さを保っていて、チャンスを待っているのか、 それとも、 そんなことより もっと生活を楽にしてやるにはどうしたらよいのかを議論しているのか、 国民のことなど  国家のこと、国土のことなどどうでもいい、だから  沖縄のことなどいっときの話題て゛済ませてしまう、  平和教育の賜物なのか、それとも 国民を愚弄しているのか・・・・・ あぁ 嘆かわしい。

貴方の敷地に見知らぬ人が入ってきたら、よう いらっしゃいませと持て成すのだろうか。

出て行けと声を張り上げ 警察を呼ぶのか、

 

ススキが 風に吹かれている。

DSC_3889.jpgぼんやりと眺めていると見えてくるものがある、 でも それが何か判らない。

何かがいるように思えるが 私には見えてこない でも 何かを感じる、

人という生き物は 何もかもを人中心に変えてきた結果、いろんなものが見えなくなってしまっている、

ごく普通の美しさを 美しいと感じなくしまっている、

蝶の羽音、木の葉のささやきが聞こえてこない。

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。