2012年1月アーカイブ

DSC_0014.JPGどこにである光景

地球に海というものが出来た時から

ずっと くり返されていたことだけど

ただ なみがよせてはひく

だれかに 伝えたい

 

DSC_.JPG
やっと 伊王島へ行けた、
灯台と海は変わってなかった、
変わってしまったものは 人の心かな、

定期船で波止場に着いて 家並みを歩いていると、猫が日なたぼっこをしていた、その先には お婆さんの笑顔も日なたぼっこをしていた、・・・・・・・・  

今日は車で島民念願の橋を渡り遣ってきた、 
遠い記憶に残っていた小店がない、
えー あれもない、

島民の願いは ずっと ずっと むかしの時に欲しかった  あの時に欲しかった。

今頃出来てもねぇと 丘の木々が云っているようだ、 あの時 あの瞬間に欲しかったのに

いまだから できるサービス いまだから できる心くばり、

いまだから 笑顔になれる、  いまだから ありがとうと言える、

いまだかな  喜ばれる、    

あの時 ファインダーの中にいた 笑顔はもういない・・・・
    
 

CA3G0063.JPG


なんて 暖かいのだろう、


すずめと一緒に飛んでいる夢を、


雲に乗っている夢をみているのか、


どんな夢を見たのか聞いてみよう、

 

黄色の水仙

ずっと行っていなかった 裏山への散策

我が家のゆり姫が高齢になってしまい足が遠のいていたみかん畑の散歩を久しぶり挑戦してみる。

ずっと登り勾配がつづく、あぜ道に水仙が咲いている脇を登り 眼下に大村湾が見えてくる、まだまだつづく登り勾配、

ついこの前まで先頭を歩いていたゆり姫(柴犬)は17歳半になってしまい、人の年齢に置き換えけばどれくらいだろう、90歳を超えてしまったかな、 只今 玄関で朝寝中、   

さあー あと一息 重たくなった足を前へ前へと進め急こう配を登る、 家並みが見えて来たみかん畑の先の方に グラウンドからの掛け声か聞こえてくるようだ、車の音 定期船の汽笛 みかんの木々を通り抜ける風の音も・・・・・ 聞こえてくる。

時の過ぎるのは早い 一年は365日、 一日は24時間、 一時間は60分、 一分は60秒、時の進むのが早いような気がする、誰かが早くしているのではないかと思う時もある、でもそんなことは誰もできないはしない、            

 

誰が教えるともなく同じ処に花が咲いている、いつものように咲いている、 さあ あと少し登ろう。  

  

元日の祐徳稲荷 2012-01-01 15.12.08.jpg

昨年はさまざま出来事がありました、

「今年は悲しむ出来事が少しでも少なくて、地球に共存する 万物の生き物が安心できる、世の中 になって欲しいと思います。」

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。