2011年12月アーカイブ

我が家の家族
朝、7時さあ出発 一路広島へ向かって、久しぶりのドライブ、違いますよ
打合せに行きました、
現場を二か所廻りそれと 安佐北へ足をのばして挨拶回りを兼ねての強行スケジュルです、家路に着くのが25時くらいで、走行距離は往復で950キロほどでしようか、多分それくらいなるでしょう。

今回も広島名物「お好み焼き」は素通り、この前は店だけ探して、仕事の時に全員で食べたっけ、まあ次回もあそこに行くか、楽しみは次へ持ち越して、下見 下見・・・・・・

そういえば週末はクリスマス、
あちこちに飾りが光っている、

さあー我が家へ 安全に帰ろう、
 

師走

| | コメント(0) | トラックバック(0)
DSC_2929.jpg
早いもので今年もあと16日で終わってしまう、

小学五年か六年の国語の教科書に「最後のひと葉」と言うのが載っていたような記憶があるが定かではない、多分そうでないかと思う、あの頃も勉強に熱心ではなかった、勿論、今でもずっとそうだ、
 

 
 
 
  
つい先日 私と一つしか離れてない、  いとこが亡くなった、               
なんで 俺より若に・・・・・・・・・・・・・・・ 
かれとは、ずっと逢っていなかった、 
元気で頑張っているから、いつでも逢えると思っていた、まさか!
 
そう云えば、現場事務所に伺った時がある、あの時も笑顔で迎えてくれた、 
もうこれからは、彼の笑顔を見ることはできない、もうずっとずっと笑顔を見ることはできない、

  あっという間の一年、  あっという間の人生、楽しいことはすぐ終わってしまい、 
 
  辛かったこと苦しかったことだけが続いているような思いがする。

 
今年もあと少し、・・・・でも、必ず私には来年か゛やってくる、 
 
来年は必ず良い年にしたい。   

2011-12-10 12.59.13.jpgのサムネール画像赤い暖簾をくぐり 主以外が使う入口があり 左手には主が使う玄関がありその奥に座敷が広がっていました、     目の前の障子戸を開けると ダルマストーブが暖かい炎で迎えてくれました、

先客が十人ほどいて 天井を眺めたり 鴨居を眺めたり ここは鍋島領主のご休憩をされた館ですとの話に耳を傾けながら食事をとって居られました。

勿論 私たちも 昼食をとりました、    

次回はもっとのんびりとお話を伺いたいと思います、

 

 

2011-12-10 12.58.11.jpgのサムネール画像  

  2011-12-10 13.02.45.jpg武雄市東川登大字永野 

            食彩家    「こずみ」

いつも高速道を通ってしまい、 幾年か過ぎてしまいましたが、やっと敷居をまたいできました、 駐車場にて

車止めには山茶花の花びらが、まるで敷きつめられたような光景で、なんとも云えぬ趣があり、

裏山の木々に守られているような、風格のある館、

障子戸を開けると・・・・・・ダルマストーブが真っ赤な炎をゆらゆらとゆらし迎えてくれました。                                        

 

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。