2011年10月アーカイブ

うつわ人の目ではこのように映らない、何処にでもある・・・・・光景、

なんとなく 眺めていると、

   ぼんやりと、みえてくる、

     頭の中を空っぽにすると、

        頭の中に映ってくる、

 私達 団塊の世代は何もかも時代の波に乗って良い時を沢山送って来た世代ではなかったのかとふと思う、

子供が街角で遊べ、空き地があると赤バット青バットを持って野球をやる事ができた、どこへ行っても友達の顔が輝いていて

どこそこの家でテレビを買ったさあ見に行こう、テレビを見せてください テレビの前に沢山の頭がある、画面の中では力動山の空手チョプが飛んでいる、横のオジサンも 前のオバサンも イケ イケと云わんばかりに手を振っている。

あの時は良かった ずーと良かった・・・ 何もなくて 当たり前の時代、 テレビを買った、 絞り器の付いた洗濯機、 今の人は知らないだろが 洗濯機の横に白ゴムのロラーが二個付いてハンドルを回しながら洗濯物を挟んで絞る、何もかもがペッシャンコになって出でくる、それを広げて物干しに掛ける、  言っとくけどテレビは白黒ですよ、今は考えられないがテレビには映画館にあるような緞帳が付いていた、  ワン ・ ツウ ・スリー 力動山の片手が上がり 勝った 勝った みんなニコニコ顔になり テレビはハイ終わりと緞帳がおりると 誰ともなく お邪魔しました、お邪魔しましたとの声があちこちに上がり縁側を出て行く、 そんな時代でした、  

中学卒業生は金の卵と呼ばれ 蒸気機関車で集団就職て゜東京へ 東京へと  がんばって がんばってと 送る言葉が みんな泣いている、             昭和39年の春

今はどうだろう 若者が働く場所 職場はどれだけあるのか、 あの時は就職試験は幾つも受けて全て全部合格・・・・さあどれに行こうかと悩む、贅沢言わなければ働く職場は沢山あった。バス停にバスが着く こんなに何処に乗っていたのと思うほどの人が降りてくる、 でも今はパラパラととしか降りてこない・・・・

私達団塊世代は何をして来たんだろう、 

こんな日本にするために頑張ってきたのではない、

暖かい家庭を作るため、ほっとする団らんを作るために頑張ってきたのに、

何かが 何かがずれている。       

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。