2011年4月アーカイブ

画像 089.jpg四月の初めて゛したか、

MRIを搬出するのに搬出口をどうして大きく開けるのか・・・・・・

確かに そうだよな、なんで大きく開けるのか、 それはまず、MRI本体の寸法があります、MRI室て見る際はパネル等で囲まれています、また色彩で実際より小さく見える事もあります、丸い正面だけ見ると確かにそのように見えますが上部にどうしても外すことができない部分が有ります、たとえば正面屋円形部が1800mmであれば上部部品が平均的に450mm程は有ります、それと搬出入する際の道具の高さが180mmから240mm程有りますので2500mmほどの開口が必要になります、これは搬出時の機器絶対必要寸法で、次に建物の問題が有ります、現在入っているMRIをどれくらいの開口で入れたのか、 MRI室外壁を見ると色の違いが判ると思います、壁全体の色とMRI室後ろ壁の一部が違っている場合は、MRIを搬入してから壁をふさぎ後に塗装を施した跡です、壁の強度の問題が有りますので、その色違いの部分にカッターを入れ、またそこを解体いたします、内部仕上げもその周囲部が容易に解体出来るような作りになっています。  殆どの場合そのようにしますが、増築等の問題がある場合は建築図面とにらめっこして柱幅・床強度を考慮にいれ開口をいたします。

 初めの機種よりテスラーが大きくなっても、今は以前比べると半分の重量しかないMRIが多く、医療機器の発達は凄いです。  私達は依頼されたら  まず機種を調べ  重量  外寸 構成と搬出口の状況調査いたします、 新しいMRIはメーカーで資料があり 充分に打合せが出来ますが、    搬出するMRIは他のメーカーの場合も勿論あります、10年前のマニュアルは勿論有りません、でも限られた時間・条件で搬出入しなければなりませんので苦労することが有ります。

難しい事はない、誰かが入れたんだから 出ない事はない 知恵を出せばいいだけの事、       知恵を出せば  古いMRIは案外容易に出る、そして新しいMRIは安全に入る、                            

画像 092.jpg一層目 二層目、三層目、四層目を次々にカットしていく、            昨年は前後を二層目までカットして廊下幅1600mmより2ommまで落として1580mmで解体搬出したが、今度の現場はそれよりももっと条件が厳しい、     MRI室が放射線室の奥に位置するが手前にCTその横が透視台それからまたCTがある。                 私としては台車に乗るぐらいの大きさまで解体をして、診察終了後に楽々と出したいのだが、良い案が出てない。       

MRI内部四層目は未知なる区域、    チョト大げさかなー、確かに初めて見る区域には間違いない、       

画像 076.jpg

もし MRIを搬出するとしてMRI室の外部条件として搬出が不可能な場合を想定し、細かくカットして搬出する場合に、何処まで、どれ位時間で、どのような騒音がするのか、実験をした。

MRIをベビーサンダーにてカットする、  サンダーブレード 125mm×1mmと  2.5mm、1.5mmを使ってみる、  切断面の抵抗を考えると1mm幅が早く切れるが、どれくらいブレードを切断面に押し当てるかによってカット長さが違ってくる    A君がすると350mmw、 B君がカットすると200mm、また縦切りと横切りとで違う、 熟練度のいる仕事のような気がするが、そう云ってはいられない、     誰一人ねをあげる者が出てこない、次々にチャレンジしてくる、各自に欲が出てきたのか、一層目のステンレルをカットしたら、二層目の材質はアルミニュウム、三層目をカットするとまたアルミニュウム        

佐賀県武雄にてのサムネール画像 昨年、ファインダーのにはなかった 満開の桜が輝いている。

佐賀県武雄の一本桜・・・

 

         

 

SL4月3日

新しい年度が始まりました、     でも世間はそれ何処ではない、      地震・津波・原発等の問題が日本全体を翻弄している。 さあ、ここで非常に力強いSLのような政府に期待したいものだが、一向にらちが明かない、お互いの理論・政論・いやいや・変な理屈なんか捨ててしまい、今一番困っている人達をどうしたら良いのか、手を差し伸べて欲しいと私は思う、政府が大掛かりな支援体制をとらずして何ができる。  事を起こすには必ずお金が要る、国会で屁理屈論を述べる時間があったら、まずは被災者へのとうざの生活資金・生活物資援助が一番ではないだろうか、マスコミも原発ばっかり報道・議論するより、被災者救済を論じてほしい、いやいや議論するより手を差し伸べてほしい。  首相がどうのこうは云わず全議員が国民の為に純粋に国民の為に何をすべきか、そしてすぐ実行して欲しい、己の職を確保する時だけ「お願いします・・・・・」 、国会議事堂奥に隠れるのはやめて、旗振りでもいいから先頭に立ち 真に国民のために頑張っている姿を見せてほしいと思う。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。