2010年9月アーカイブ

今日一番のニュース  ソフトバンク優勝

プロ野球の熱心なファンではないが 今日の西武と日本ハムとの勝敗は気がかりでした、

西武が負けると ソフトバンクの優勝が決まる。

 

日本ハムのサヨナラで  万歳 万歳 ソフトバンクの優勝だ

今から 中州へ繰り出せば 便乗して よい酒が飲めるかな!!

 

今日は世間一般は日曜日、

宇部市内の小学校 中学校のアチラコチラで運動会があっていた、

そういえば 運動会に縁がなくなってしまいどれくらい経つのか、

親としては楽しみな子供の行事の一つですかね・・・・・

車の窓から 元気に走っている児童の姿が見え隠れする、

スピーカーからは声援が 頑張れ 頑張れ

秋空に響く   

ついこの前まで残暑で熱かったのに  この数日で 秋が駆け足でやってきた、

 

さあ 明日は 延岡市へ出帳仕事

午前中に積込みを終え、一路 延岡へ走り

18時よりCT装置の搬入据付、

天気予報では80%の雨、     誰だ 雨男は!!

作業終了予定時間は22時との事、

 

焦ることなく いつものように 安全第一を心してやれば、 なんてこと無いか、

道具の準備段取り OK、          車輛打合せも  OK、

後は天気予報が外れることを願うだけ。

 

今日(23日)は21日にCT搬出した病院へ新しいCT装置を搬入据付作業日で昨夜から雨が降りだし、深夜には彼方此方に稲光がしている、幾度か明けやらぬ空模様を眺め溜息が自然に出てくる。

いつもより早く会社へ向かい、搬入道具の再確認をしながら 、やっぱり雨模様が気になる、

8時に2名が病院へ出発、10時より一般撮影装置の解体撤去を始め、そのあとすぐ新しい機器を

据付、   

私たちの出番は13時から、   その時には 青空と言わないが曇り空になってくれないかと祈りたい気持ち、

早めの昼食をとり、病院へ入る、  オー、  雨が降っていない でも耳納山の麓は雨雲の動きが読めないと聞く、 雨雲との勝負、全員の手の動きがいつもよりキビキビしているように思える、

口には出さないが みな同じ気持ちのようだ、

雨を含んだ雲がこちらを眺め 忍び足で寄って来ている。

 ・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・  

据付も終え 外へ出て 空を眺める 

サーア 雨雲よ来いと叫びたくなる気持を抑え、

梱包材・道具を片づけている 

皆の後ろ姿が作業開始より大きく映っている。

 

一般撮影装置 、CT装置の搬入据付作業を安全に終える。

 

 

CT撤去

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2010年9月21日 久留米市内の病院にてCT装置を撤去する。

CT本体及び周辺付属機器の切離し作業は難儀することなく進み、

CT室より搬出する際にハンドリフトに乗せたCTが容易に廊下に出ない

二度三度押し戻し後に出た、

廊下はすいすいと進み、玄関ロビーでスロープを下りる際に又二度三度

ハンドリフトを押し戻してみる、スロープがあと少し長ければと思うが、

ムリな事、ハンドリフトを差し替えて台車を前後にかませて、やっとの事で

外へ出した。

 

搬出したCTは現在の機器の半分程の重量もない、大きさは殆んど変らない

CT室を出る時と玄関ロビースロープを曲がる際の二か所がスムーズに出来れば

何も問題がなかったと思うが、後で後悔する事ばかり。

道具の揃え方、道具の使い方、固定観念を持ちすぎない事、

もしかしたら、頭の中で描けなかった事が一番ダメだった要因のようだ。

 

何にもないですよ 段差が10cmあり その後20mほどですよ・・・・・・

悔いが残る仕事たが、皆の協力で無事二時間半程で終了しました。

 

MRI 132.jpg

      長崎ベーイブリッジ 

             ここにも伊吹運送の仕事の跡を見ることができます・・・・

                  何処でどの様な 仕事をしたかと言えば・・・・

                     親柱を設置しました、 

             親柱と言っても殆どの人は何だろうと思われるでしょう。

             橋には必ず 親柱があります   

             橋の欄干の一番最初に設置してあります

             橋の名前を彫ってある部分で

             この橋の 女神側親柱は7t、西泊側は4tの御影石です。

 

                是非 長崎に来られたら 渡ってみてください、

                海側から 新しい長崎の景色が見られることでしょう。

 

MRI 130.jpg   

P1010022.JPG

 

 

PCを整理していると 非常に懐かしい写真が出てきた ,この機械はもう殆どないだろうと思う、

      シーメンス製 X線断層装置

(当時の販売は東芝であったと聞く) 

往年のポルシェを彷彿させるような曲線

P1010009.JPG P1010008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 駆動シャフトも 力強い腕を 連想させる

作り 今まで解体した医療機器の中

で個人的に好きな器械の一つである。

 

 

 

 

 

 

 

 ついこの前 カブトムシの生産が修了

したと 新聞に載っていた、

 

   今の器械は 様々な機能が

装備されている物が売られている

高品質 高機能 が 私達の生活を

豊かにするよに装備されているが、

実際はどこまで使っているのか不思議に思う時がある 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0042.JPG

   平成20年10月11日  

   早いものでもうあれから2年経ちます。

   病院裏側に電線がクモの巣のように あり

  たいへん神経を使う現場でした。

 

DSCF0007.JPG

                                                               
 道路に鉄板を30枚ほど敷きつめ

       クレーンブームを伸ばすのもひと苦労、

             だれか スパーマンでも呼んでくれれば

                    助かるのと思うのは、私だけではない、

                     25tRクレーン車のブームがスルスルと伸び 

                          秋の空に銀色に輝くMRI


                    全員の協力で無事おわった


                   でも やさしい笑顔のあの人はもういない

DSCF0048.JPG

  早いものであれから2年も経つ

   今年も えびの高原に1年の報告に行こう。

      

                                 

                                   


IMGP1282.jpg
古くなったMRIを狭い通路を通して
搬出します。

もちろん、事前調査で数センチの隙間は確認済み。

重量も7トン・・・ 通路の強度計算も


「お~い天井に穴が」なんて事は一切ございません。






IMGP1283.jpg
勝手に動いているのではありません。
ここにも弊社の最新技術が..

熟練のタッフが最小人数で、短時間で効率よく作業を行います。

入院中の患者さま、外来患者さまにも迷惑がかからぬように最新の注意を払います。













IMGP1287.jpg最後はクレーンで吊り上げて車にのせます。
株式会社 IBUKI は、物流サービスをとおして豊かな社会作りの貢献し「ゼロエミッション」、「新しいこと」、多様化するニーズにお答えできる元気な企業であり続けます。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。